女が“上書き保存”をするワケ

「男は並列保存、女は上書き保存」
よく聞く理論ですね。先日この理論が立証されるトークを拝聴する機会がございました。

男の人にとって交際してきた女性とは、それぞれが過去の時々を彩ってくれた「素敵な思い出」なのだそう。対する女性はどうかというと、過去の男は全員「クズ」なのだそう。笑
昔の男たちをクズだと思わなければ、今寄り添っている人が一番最高のオトコだと思わなければ、結婚しようだなんてそんな踏ん切りをつけることはできないのだと。
なんという重み…!

男性には、女性のバッサリなところがこわいと感じられるようだけど、逆に言うと、女性からしたら男性一人と交際するにあたって、そのくらいの覚悟を以て向き合い、受け入れ、愛を育んでいるので、それらを全て与えきったあとの崩壊には見向きもしないくらいが健康的かもしれない。と私は思う。

男性が「どの人も素敵だった」と感じるのは当然だし、女性が過去の男たちを「全員クズ」と位置づけるのもまた然り。

面白かったからまた聞きたいなあ。

猫川舐子

広告