20代の結婚と30代の結婚

「30代のあなたは今より確実に綺麗になると思うし、あなた自身も30代からの自分に自信があって、だから結婚も30代でいいと言えるんだと思う。大半の女性は30代より、20代の今の自分に一番バリューがあると思っている。だから20代の最も自分が可愛いうちに結婚したいと望み、その思惑通りに生きているんだよ」

親友からこのように言われて色々考えているのだけど、20代後半の己に対する評価を無意識のうちに低くしていることに気づいた。どうやら30代というのが私にとって最も重要な時期らしい。常日頃から「早く30代になりたい」ということを言っているし、キャリアも、3月から始めたワークアウトも、自分自身が抱える問題も、何もかも全て中途半端だと自覚している。完璧でない状態(完璧な状態なんてあるのかしら)に自信を持つことが難しいんだけど、勝手に自分で難しくしているんだろう。

そんな感じで今は自分のことで精一杯であまり余裕がないから、結婚はおろか恋愛をしようという気にもならないし、しても即終了する気がしているし、相手のことを考えられないうちはしてはいけない気もする(先日この歳で一ヶ月でお別れする悲劇があった)。それでも、華々しい30代を迎えるために20代のうちから模索しつつ土台を作っているわけで、この時期に必要以上に自分を貶める必要はないのかもしれない。

30代の私の方が仕事の幅も人間としての器も広がって輝かしいのは間違いないけど、かといって今がだめすぎるわけでもないのだから、中途半端=悪みたいな位置付けにするのはやめて、もう少しポジティブに生活してみようと思った。逆にその思考のために、気付かないうちに何かを(わからないけど)制限しているかもしれないし、そうだとしたら良い影響を及ぼさない。とはいえ自分のことは適度に好きだけれども。

20代残りわずかなので、楽しみます。私は結婚は31歳くらいで…と漠然と思っているけど、中途半端さのために自分のことを卑下しすぎると、きっとそれも叶わなくなってしまうな。

猫川舐子

広告