ローラ メルシエ 新商品発表会へ

ローラ メルシエ様にご招待頂き、新商品発表会「FLAWLESS FACE + NEW CONCEALER 2018SS PRESS EVENT」へ。

若干緊張しつつも、会場に並ぶメイクアップ製品の数々にテンションUP。タッチアップして頂きながらあれこれとお話を伺い、楽しんで参りました。

5月2日から新発売のコンシーラー「フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー」。

メイクアップについては全く語れないので、知識及び技術不足であることを前提に書き記しますが、一部の肌トラブルを完璧に消し去るには、固く、マットなコンシーラーが必要だという先入観がありました。しかし、乗せた部分は当然肌の質感ではなくなり、至近距離だとベタッと色が乗っているように見えるのをどうにかしたい!ということが目下の悩み。

新しいコンシーラーは、みずみずしく柔らかい質感。ほんの少量を筆に取って馴染ませるだけで、肌トラブルをしっかりカバーしてくれる。「色を乗せました」感がなく、大して手間をかけていないのに、まるで肌の一部かのように自然に仕上がる素晴らしい商品。

ファンデーションは今後も極力使用せずに過ごしたいけれども、肌トラブルを堂々と露出したままなのは気が引けるので、万が一に備え、優秀なコンシーラーは手元に置いておきたい私には相応しいアイテムです。

こちらは、3月14日に従来の商品が生まれ変わって新たに発売されるメイクアップブラシ。繊細でふんわりとしたタッチが気持ちいい。

お話を伺ったところ、天然毛は使用せず、全てナイロン製とのこと。肌当たりの良さやメイクの仕上がり、特に粉を乗せるなら天然毛を使うべき!と言われていますが、今では技術も進歩。お手入れのしやすさはそのままに、ナイロンでも天然毛に劣らない仕上がりを実現してくれるそうです。

ちなみに、コンシーラーやクレヨンチークを乗せるのにアイカラー用のブラシを使用して頂いたのが斬新でした。少しずつ、ふんわりとぼかしながら色を乗せることによって、素肌感や血色感を演出しやすいとのこと。

日常のメイクで、ムラなく均一に仕上げる程度なら大層な技術は必要ないので、ズボラな人ほど使用すべきなのかな、と感じました。パーツによっては指でササッと乗せてしまいがちなのですが、もしかしたら逆に難易度が高い…のかもしれない。

4月18日に発売の「ヴェロア エクストリーム マット リップスティック」は、背景にヴィジュアルを掲げ、会場内でも一際フォトジェニックな展示。

簡単にイメージを変えられるから、と普段はリップばかり揃える私、「普段はつけない色をぜひ!」ということで、苦手意識のあるピンクをオーダー。肌の色と唇の色を徹底的に検証して頂き、ローズピンクの色味をタッチアップ。これが見事に私の肌色や唇の色とマッチして、感動…。

一見マットかと思いきや、ほんのりとしたツヤ感のある不思議な仕上がりで、マットリップにありがちなパサつきも感じず、色落ちも少ない。その場で購入できたら即買い必至なほどのお気に入りで、発売が楽しみです。

今日は私自身もしっかりメイクを施し、独特の高揚感を抱きながら過ごしたのですが、商品の魅力もさることながら、プロに多くのことを教えて頂き、メイクに取り組むこと自体の楽しさを再確認。

かつてデートのたびに洋服を新調し、ネイルを整え、美容院に行き、頭のてっぺんから爪の先まで完璧なフル装備で臨む友人を見て、女性の「可愛くなりたい」「綺麗になりたい」と思う気持ちは時に経済を大きく回すほどのエネルギーを秘めているなーと感動したものですが、その純粋な気持ちを、久しぶりに私自身の内面に見つけた気がした。笑

楽しいひとときでした。

猫川舐子

広告